いびき治療 いびきレーザー治療 銀座コレージュ耳鼻咽喉科

無呼吸治療

無呼吸のレーザー治療

いびきの原因の多くは、睡眠中に口蓋垂の周辺部分が気道を塞いでしまうことにあります。
いびきのレーザー治療は、口蓋垂の周辺部分をレーザー照射により切り広げる治療です。
レーザー治療により気道を広げると、いびきの音を発生させている粘膜の震えを抑えることができます。
従来から、メスによる切開手術が行なわれてきましたが、レーザーを使用することによって、痛みや出血を抑え日帰りでの手術が可能となりました。
レーザー治療の詳細についてはこちらをご覧下さい。
いびきは男性に多い症状という印象がありますが、女性でお悩みの方も多くいらっしゃいます。 当院へは女性の方も多数来院されており、治療実績も豊富ですので、どうぞお気軽にご相談下さい。

無呼吸治療の流れ

いびき治療について初診から術後までの流れをご説明します。

初診・検査

問診とともに、口や鼻の状態を内視鏡で確認し、いびきの原因を診断します。
無呼吸の可能性がある方には、別の検査を行うことがあります。以上の検査の結果、レーザー治療を受けられないケースもあることを予めご了承ください。
手術を希望される場合は、血液検査を行います。検査の結果が出るまで、通常は1週間~10日程の時間を要します。

レーザー治療

レーザー照射によって気道を確保し、いびきや無呼吸症候群を改善します。
レーザーを使用することで、痛みや出血が少なく日帰りで治療が出来ます。
(初診・検査と同日に行うことはできません)。
いびきの音に関しては、手術を受けられた患者様の約90%の方に、症状の改善が見られます。ただし効果には個人差があります。
また肥満の方の場合、いびきの音が改善しにくいケースがあります。
※当院では、いびきや花粉症など、治療内容別に手術の時間帯を定めているため、診療時間と手術の時間が異なる場合があります。各治療の時間帯については、お気軽にお問い合わせ下さい。

術後の経過

レーザー治療後は、炎症が起きていますので、落ち着くまで約2週間程度かかります。
この間、激しい運動や飲酒、喫煙、また刺激の強い食べ物は控えていただきますが、日常生活に殆ど支障はありません。
痛みに弱い方は、点滴治療(連日可能)を選択することができます。術後、1週間目と2週間目には、ご来院いただいて術後の経過をチェックします。
※術後2週間以内に自国へお帰りになる場合は、
万が一出血した際に対応のできる病院を調べておいて下さい。
当院では、海外における病院の紹介は行っておりません。

いびきは病気のサイン

いびきは、様々な病気との関連性が指摘されています。
睡眠時の無呼吸症候群を始めとする呼吸障害のみならず、高血圧、動脈硬化、不整脈、脳梗塞などの生活習慣病の原因の一つであるとの指摘もあります。
もちろん、家族やパートナーへの大きなストレスとなり、人間関係を悪化させてしまうことも大きな問題です。
あなたの為にも、御家族の為にも、早めに診断して治療することをお勧めします。

いびきの害
  • ・家族、パートナーとの関係悪化
  • ・昼間の眠気による事故など
  • ・呼吸障害により健康を害する
いびきと関係する症状
  • ・睡眠の質の低下による眠気
  • ・睡眠時無呼吸症候群
  • ・高血圧、動脈硬化等の生活習慣病

いびき・睡眠時無呼吸症候群と治療の内容について

いびきの原因
人の体は、健康な状態であれば、十分な気道が保たれています。

院内

しかし、加齢に伴う筋力の低下や肥満などの原因で、睡眠時、充分に気道を確保できなくなる場合があります。

院内

このように気道が十分に確保出来ない状態だと、青い円で囲われた部分の粘膜が空気によって震え、振動音が出ます。これがいびきです。
気道が十分に確保できていないため、呼吸時に自然と息を吸ったり吐いたりする勢いが強くなる事で、粘膜がそれに伴って振動する為、いびきの音も大きくなります。
また、更に症状が進行すると、時折気道が完全に塞がれてしまう状態となり、息が出来なくなる時間帯が発生します。これが睡眠時無呼吸症候群で、睡眠中に体内の酸素量が不足するため、熟睡する事が出来ず、日中、突然強い眠気に襲われるなどの症状が発生します。

レーザーによるいびきの治療方法
いびきのレーザー手術では、オレンジ色の部分をレーザーメスで切除します。

院内

手術を行なう事によって青い円で囲われた部分の気道が十分確保される状態になると、睡眠時の呼吸量も一定に保たれるようになり90%の方のいびきが改善されています。 ただし、肥満の度合いが高い場合には効果が出にくいケースがありますが、生活習慣の改善を同時に行う事で回復が可能となります。

院内

従来このような手術はメスによる切開で行なわれていましたが、レーザーによる手術によって、出血や痛みを減少する事が可能となりました。ただし、手術後数日間はのどが火傷したような状態ですので、痛みがあります。レーザーの照射は10分程度で完了するので、日帰りでの治療が可能です。

当院のいびき治療は…

  • ・レーザーだから痛みも出血も少ない日帰り治療
  • ・睡眠時の器具は不要、わずらわしさからの解放

いびきの根本原因を断ついびき軽減グッズ(マウスピースetc.)の使用にお悩みの方、手術により気道が広がるため睡眠時無呼吸にも効果が見込めます。まず一度ご相談下さい。年間1,500症例のいびきレーザー手術を行う、経験豊富な院長が担当いたします。

POINT

いびきのレーザー治療実績
16,000症例超 (外来のみ)

POINT

耳鼻咽喉科の
ベストドクターズに選出

POINT

コレージュ・ド・フランス
フランス国立神経科学研究所
客員教授