いびき治療 いびきレーザー治療 銀座コレージュ耳鼻咽喉科

アレルギー性鼻炎(花粉症、ハウスダスト等)のレーザー治療

アレルギー性鼻炎の治療は、花粉症と同じく鼻の粘膜にレーザーを照射して鼻内の粘膜を変性させる治療です。
組織が鈍感になることでアレルゲン(アレルギーを起こす原因物質)に対する過剰な反応を抑えます。
レーザー治療を行うと、個人差がありますが約1~3年はアレルギー性鼻炎の症状を抑えることが出来ます。

アレルギー性鼻炎治療の流れ

アレルギー性鼻炎治療について初診から術後までの流れをご説明します。

初診・検査

問診、鼻の状態を確認、アレルゲンの検査(患者様希望の場合)などを行ないます。血液検査は、手術に必要な健康状態を確認する事に加えて、院内感染防止の意味もあります。

レーザー治療

治療時間は5~10分程度、出血や副作用の少ない手軽な日帰り手術です。
※当院ではいびきや花粉症など、治療内容別に手術の時間帯を定めているため、診療時間と手術の時間が異なる場合があります。各治療の手術の時間帯については、お気軽にお問い合わせ下さい。

術後の経過

手術後は、かさぶたが出来た状態ですので、鼻が詰まった感じがあります。
2週間ほどするとかさぶたが取れ、刺激に強い変性された粘膜が出来上がります。
こうなると鼻詰まりなどのアレルギー性鼻炎の症状は著しく軽快していきます。
術後、2週間目以降にご来院いただき、鼻内をチェックします。 術後2週間は激しい運動・飲酒・喫煙は控えて頂きますが、
食事等に制限はありません。
※上記の他、激しく鼻をかんだりすると、かさぶたがはがれ、出血につながる恐れがあります。お守りいただけないで出血が起きた場合は責任を負えませんので、ご了承下さい。

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギー性鼻炎には、花粉以外にもいろいろな原因があります。ハウスダストやカビなどです。
花粉の少ない季節に症状がある場合は、他の原因が考えられます。お部屋を清潔にし湿度を高めるなどの対策は可能ですが、根本的解決はなかなか困難です。 症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻詰まりに加え、倦怠感や微熱などを伴うことがあります。
集中力の低下などから、日常生活に悪影響を与える大きな要因となります。

アレルギー性鼻炎(よくあるご質問)

鼻炎治療の効果はどの程度ですか?

鼻閉(鼻詰り)は90%以上の患者さんで改善します。くしゃみや鼻汁は軽快致します。

再発はありますか?

個人差がありますが、1~3年は手術効果が持続します。効果がなくなってきた場合には再手術が可能です。

初診日に治療は受けられますか?

初診の際に手術はできません。初診日は手術の適応があるか検査をし、その上で手術を希望される場合は、患者様の健康状態の確認と、院内感染予防を兼ねて血液検査をさせて頂き、レーザー手術は次回のご来院以後になります。

治療を受ける事により免疫力が低下することはありますか?

ありません。

治療後の日常生活については?

手術当日は運動、飲酒は厳禁です。お風呂はシャワー(次の日から入浴は問題ありません)のみにして下さい。 術後2週間は、激しい運動・飲酒・喫煙はお控えください。食事に制限はありません。

治療後の通院については?

2週間目以降に再診に来て頂き鼻内をチェックします。特に問題が無ければ治療は終了となります。

治療は誰でも受けられますか?

15歳以上の方であれば誰でも受けることは可能です。その他ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

治療はいつでも受けられますか?

花粉症やアレルギー性鼻炎の治療はいつでもおこなっておりますが、当院のレーザー手術は、治療内容別に時間帯が決まっているため、診察時間と手術の時間が異なる場合があります。各治療の手術時間帯については、当院までお問い合わせ下さい。